人気ブログランキング |

ユカタハタ

6/29
水温  24.5~25.0度
透明度 7~12 m




大久保に久々のユカタハタの登場です。
他、ジャパニーズ・ピグミーシーホース、タテジマキンチャクダイ、サザナミヤッコ
キンチャクガニ、アオウミガメなど




ユカタハタ_e0273365_13485953.jpg




ユカタハタ_e0273365_13504487.jpg




ユカタハタ_e0273365_13511155.jpg




ユカタハタ_e0273365_13544773.jpg




ユカタハタ_e0273365_13550783.jpg




# by mbirdy | 2020-06-29 20:51 | 三宅島 ダイビング

イロブダイ

6/21
水温  24.5~5.5度
透明度 7~10 m


水が青い。
もう真夏の海です。
イロブダイの登場です。
イロブダイが出ると例の物も出る可能性が大きいです。
2の根でツバメウオの成魚6匹が猛スピードで泳いで一瞬で見えなくなりました。
相変わらずアオウミガメは多く棚上の魚影も日増しに多くなっております。
クマノミは3階目の産卵をしてオレンジ色の卵を守っております。
他ジャパニーズピグミーシーホース・タテジマキンチャクダイ・サザナミヤッコなど


イロブダイ_e0273365_06005991.jpg




イロブダイ_e0273365_06011763.jpg




イロブダイ_e0273365_06014297.jpg



イロブダイ_e0273365_06015612.jpg





イロブダイ_e0273365_06021342.jpg



イロブダイ_e0273365_06022805.jpg



イロブダイ_e0273365_06024620.jpg



イロブダイ_e0273365_06024114.jpg




# by mbirdy | 2020-06-21 21:53 | 三宅島 ダイビング

ジャパニーズピグミーシーホース

6/7
水温  22.3~24.3度
透明度 7~10 m


良い凪が続いています。
魚種もいつもの定番が出迎えてくれます。
時期ですで1~3の根の上のメジナが大きな群れを作っていて
アオウミガメ多い。


ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_07312592.jpg



ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_07312668.jpg



ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_07312548.jpg



ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_07312481.jpg



ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_07311879.jpg


# by mbirdy | 2020-06-07 22:26 | 三宅島 ダイビング

セナキルリスズメダイ

5/22
水温 20.0~20.5度
透明度 9~12m






セナキルリスズメダイ_e0273365_17543555.jpg




セナキルリスズメダイ_e0273365_17592198.jpg



セナキルリスズメダイ_e0273365_17545184.jpg




セナキルリスズメダイ_e0273365_17545344.jpg




セナキルリスズメダイ_e0273365_17544501.jpg




セナキルリスズメダイ_e0273365_17544915.jpg



セナキルリスズメダイ_e0273365_17545929.jpg


# by mbirdy | 2020-05-22 21:50 | 三宅島 ダイビング

アマミスズメダイ

4/27
水温  18.0~18.3度
透明度 7~10 m


緊急事態宣言を受け車での外出を避けタンクを背負って湯の浜まで歩いてそのまま泳いで大久保を潜った。

アマミスズメダイの登場です。
例年より少し早い。
水温が落ちたせいかカスザメが居ました。
他、ヒレボシミノカサゴにジャパニーズピグミーシーホース、テングダイにタテジマキンチャクダイ成魚、アオウミガメなど

山ではオオルリフィーバーです。


アマミスズメダイ
アマミスズメダイ_e0273365_18232363.jpg


ジャパニーズピグミーシーホース
アマミスズメダイ_e0273365_18270544.jpg


カスザメ
アマミスズメダイ_e0273365_18243039.jpg


ヒレボシミノカサゴ
アマミスズメダイ_e0273365_18245715.jpg


ゴンズイ
アマミスズメダイ_e0273365_18251165.jpg


オオルリ
アマミスズメダイ_e0273365_18431574.jpg


# by mbirdy | 2020-04-27 18:33 | 三宅島 ダイビング

NEWジャパニーズピグミーシーホース

4/17
水温  18.4~18.9度
透明度 7~10 m


今年2個体目のジャパニーズピグミーシーホース。
アオウミガメも3匹と多く
入り江にはテングダイ。
タテジマキンチャクダイの未成魚が出前と3の根に1個づつ。
モヨウモンガラドウシも居ました。


NEWジャパニーズピグミーシーホース
NEWジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_05192196.jpg



タテジマキンチャクダイ1
NEWジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_05193675.jpg



タテジマキンチャクダイ2
NEWジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_05193803.jpg



モヨウモンガラドウシ
NEWジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_05204007.jpg



アオウミガメ
NEWジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_05203328.jpg




# by mbirdy | 2020-04-17 20:21 | 三宅島 ダイビング

緊急事態宣言を受け5月6日まで休業します。

4/10

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために政府が出した緊急事態宣言を受け5月6日まで営業自粛いたします。




緊急事態宣言を受け5月6日まで休業します。_e0273365_14024936.jpg



# by mbirdy | 2020-04-10 19:54 | 三宅島 ダイビング

ジャパニーズピグミーシーホース

4/5
水温  18.0~18.6度
透明度 7~10 m



やはち今年も居ましたジャパニーズピグミーシーホース。
白い個体なので見つけやすいです。
キンチャクガニも数多くアオウミガメも多く ハマフエフキ・ハナミノカサゴも多く
棚上のスズメダイの越冬組も多いので楽しめます。




ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_14554989.jpg







ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_14554982.jpg






ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_14554906.jpg






ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_14554926.jpg





ジャパニーズピグミーシーホース_e0273365_14554991.jpg

# by mbirdy | 2020-04-05 21:31 | 三宅島 ダイビング

ヒメスズメダイ

3/22
水温  19.0~19.2度
透明度 7~12 m


風が強くなってくるので早朝にダイビング。
入って直ぐにアオウミガメ3匹。
今年の大久保もアオウミガメが楽しませてくれそうです。
他、越冬したスズメダイが多くシコク・ヒメスズメダイが群れています。
クマノミは何故が数が落ちている、


ヒメスズメダイ
ヒメスズメダイ_e0273365_06374490.jpg



アオウミガメ
ヒメスズメダイ_e0273365_06375835.jpg


アブラヤッコ
ヒメスズメダイ_e0273365_06381448.jpg


オランウータンクラブがのっている
ヒメスズメダイ_e0273365_06383387.jpg


越冬したツノダシ
ヒメスズメダイ_e0273365_06385272.jpg


# by mbirdy | 2020-03-22 18:40 | 三宅島 ダイビング

アカハチハゼ

1/16
水温  19.8~20.2度
透明度 7~12 m


昨年から続いている高水温。
水中も明るく魚種魚影が濃い。
アオウミガメも多くアカハチハゼ。
タテジマキンチャクダイにサザナミヤッコ。
ヨスジフエダイも100匹以上。
しかしクマノミは極端に少なかった。
大島では多かったカスザメが入り江にいました。
三宅島で年一見れるかのレアもの。



アカハチハゼ_e0273365_17312015.jpg



アカハチハゼ_e0273365_17312057.jpg



アカハチハゼ_e0273365_17312065.jpg



アカハチハゼ_e0273365_17312020.jpg



アカハチハゼ_e0273365_17312096.jpg




アカハチハゼ_e0273365_17312023.jpg






# by mbirdy | 2020-01-16 17:41 | 三宅島 ダイビング

あけましておめでとうございます。

2020年1月1日

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。



# by mbirdy | 2020-01-01 01:00 | 三宅島 ダイビング

フリソデエビはペアになりました。

11/ 7
水温  24.8~25度
透明度 7~10 m



ここのところ平日は凪が良いです。
水温も高く魚影も濃い。
フリソデエビはペアになりました。
タテジマキンチャクダイも多く、サザナミヤッコ、キンチャクガニ、イソバナガニに
アオウミガメも多い。
ナンヨウハギも健在。
他、ジャパニーズピグミーシーホースなど



フリソデエビはペアになりました。_e0273365_16341699.jpg



フリソデエビはペアになりました。_e0273365_16341645.jpg



フリソデエビはペアになりました。_e0273365_16341695.jpg



フリソデエビはペアになりました。_e0273365_16341790.jpg



フリソデエビはペアになりました。_e0273365_16341678.jpg



フリソデエビはペアになりました。_e0273365_16341575.jpg









# by mbirdy | 2019-11-07 16:35 | 三宅島 ダイビング

アオウミガメ

10/31
水温  24.2~25.3度
透明度 7~10 m


今年の大久保はアオウミガメが多い。
相変わらずタテジマキンチャクダイとサザナミヤッコは数が多く ジャパニーズピグミーシーホースも移動が多いいが何とか。


アオウミガメ_e0273365_11432079.jpg



アオウミガメ_e0273365_11432180.jpg



アオウミガメ_e0273365_11432000.jpg



アオウミガメ_e0273365_11432105.jpg




アオウミガメ_e0273365_11431986.jpg




# by mbirdy | 2019-11-01 11:47 | 三宅島 ダイビング

コウワンテグリ

10/18
水温  25.8~26度
透明度 7~12 m



15日よりは透明度も良くなりました。
あの台風の後ですが生物は多く生き残っております。
タテジマキンチャクダイが6個体。
幼魚3個体に未成魚2個体。   成魚1個体と大久保を賑やかにしている。
入り江ではタテジマキンチャクダイとサザナミヤッコの未成魚同士。
今シーズン、数回見ているいつものショット。
ENT直ぐにはコウワンテグリがペア。
最初のステージの奥の6mのオーバーハングから手前に着た模様だが まさかこの時期に繁殖行動?
奥ではナンヨウハギ。
フリソデエビは2m離れたところ。
餌探しか それとも引っ越しか?
他、アオウミガメ、ジャパニーズピグミーシーホースなど


ナンヨウハギ
コウワンテグリ_e0273365_12574645.jpg


コウワンテグリ ペア
コウワンテグリ_e0273365_12574507.jpg


ジャパニーズピグミーシーホース
コウワンテグリ_e0273365_12574585.jpg

上タテジマキンチャクダイ 下サザナミヤッコ
コウワンテグリ_e0273365_12574650.jpg

サザナミヤッコ
コウワンテグリ_e0273365_12574655.jpg


タテジマキンチャクダイ
コウワンテグリ_e0273365_12574634.jpg



ヨスジフエダイとアカヒメジ
コウワンテグリ_e0273365_12574644.jpg



アブラヤッコ
コウワンテグリ_e0273365_12574599.jpg


フリソデエビ
コウワンテグリ_e0273365_13254080.jpg







# by mbirdy | 2019-10-18 17:19 | 三宅島 ダイビング