人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヒレグロコショウダイ

10/2
水温 27度
透明度10~15m



温暖化の影響で大久保で見られる魚もここ数年大きく変わってきました。
タテジマキンチャクダイやサザナミヤッコの成魚未成魚やセナキルリスズメダイ・メガネゴンベなど
が通年見れるようになったがアジアコショウダイ・ヒレグロコショウダイ・ムスジコショウダイなどはここ2~3年どういう関係か季節来遊漁として出没する個体数が少ない。

白は居なくなってましたがクロと黄色のクマドリカエルアンコウは健在。
この秋はクビアカハゼが異常に多い。

フリソデエビは場所を移動していたが見つけることが出来た。



ヒレグロコショウダイ_e0273365_19082788.jpg



ヒレグロコショウダイ_e0273365_19082787.jpg



ヒレグロコショウダイ_e0273365_19082770.jpg




ヒレグロコショウダイ_e0273365_19082782.jpg




ヒレグロコショウダイ_e0273365_19082766.jpg


ヒレグロコショウダイ_e0273365_19082794.jpg







by mbirdy | 2020-10-02 19:26 | 三宅島 ダイビング